ネットの口コミから厳選されたファクタリング会社を一挙紹介!

ファクタリングの審査でチェックされる「売掛金与信」とは?

ファクタリングの審査でチェックされる売掛先与信というのは、債務を負っている企業が、どれくらい信用力があるかをチェックすることを指します。ファクタリングでは売掛債権を買い取ってもらうことになるわけですが、この売掛債権というものは100%間違いなく支払ってもらえるとは限りません。何らかの理由により支払えなくなってしまった場合、ファクタリングサービスを提供している企業の負担となってしまうことがあります。

そんなことになってはファクタリングサービス提供会社としては困りますから、本当に間違いなく支払ってもらえそうなのか審査するわけです。これが与信です。

どんなことがチェックされるのかというと、結局のところは企業の支払い能力、その可能性やこれまでの実績が調査されることになります。財務状況、収益はどれくらい上げていて、支出はどれくらいなのか、既に負っている他の債務にはどのようなものがあって、どれくらいの金額なのかということがまずファクタリングの与信では確認されることになるわけです。

極端な話、支払期日までに企業が倒産してしまえば債務の支払いはまず期待できないのは誰でも分かるでしょう。そういう危なそうな会社ではないかが確認されることになります。そして、そのリスクの程度に応じて手数料が差し引かれることになるわけです。

ただし、ファクタリングの手数料というのは決してこのリスクに応じた手数料だけから構成されているわけではありません。いくらリスクがほぼ無いと思われるような債券、例えば債務者が国や地方自治体などの公共機関であったとしても、手数料ゼロではファクタリングサービス提供会社の利益が全くなく、会社として経営していけないのは明らかです。ですから、手数料としてはまず会社としての適正利益分は差し引かれることになります。

また、ある意味ではリスクの一つに分類されるといえばされるのですが、いわゆる会社の安定性だけが問題となるのではなく、その債券の支払期日までの期間も考慮する必要があります。例として、支払日が1週間後の債券と、1年後の債券があったとしますと、手数料が同じであって良いはずがないというのは誰でも感覚的に分かるでしょう。

1週間と1年間とでは、同じように安定した会社であってもその間に万が一支払い不能になる可能性が異なるのは明らかです。また、ファクタリングサービス提供会社としては、現時点でお金を用立てする以上、債務が支払われるまでの間はある意味ではお金を貸し付けている状態とも言えるわけで、その間の利息収入に相当するお金を利益として得られなければこれも経営上成り立たないというようにも言えます。

いずれにせよ、債務を支払う期日までの期間が短ければ短いほど手数料は少なくなり、逆に長ければ長いほど手数料は高くなるということが言えます。

ところで、ここまでの話は、債務の支払期日が到来した暁には、債務企業はファクタリングサービス提供会社に対して直接その債務を支払うという前提で話してきました。万が一支払い不能になった場合のリスクをファクタリング会社が負う以上は、債務企業の信用力をチェックしなければならないのは当然です。

しかし、ファクタリングサービスの中には、債務企業がその債務を直接ファクタリング会社に支払うのではなく、一旦本来の支払先に支払った上で、そこからファクタリングサービス会社に支払う形式のものがあります。

この場合、支払い不能になるリスクはサービスを受けた会社が負うことになります。ファクタリング会社にとっては債務企業の信用力をチェックする必要がありません。その代わりに、サービスを受けた会社の信用力をチェックする必要が生じてきます。

サイト内検索
ファクタリング会社ランキング!
リソースプロ
ビートレーディング
キュッパ
三共サービス
ライジング
記事一覧