ネットの口コミから厳選されたファクタリング会社を一挙紹介!

ファクタリング業者と偽った詐欺グループが逮捕された事例

ファクタリングという言葉は、まだ日本ではそれほど知名度が高くないため、内容を十分に理解していない方がいます。近年急速に拡大している業界ですが、また法整備が追いついていないこともあって、怪しい業者や悪徳業者も数多く参入しているのが特徴です。

銀行のように厳しい審査がなく、速やかに現金を入手できることがファクタリングのメリットです。そのため資金繰りが苦しくて、とにかく早く現金が欲しいとき、仕組みがよく分からないまま利用するケースも考えられます。しかし十分な知識がないと、詐欺に引っかかってしまう危険がないとは言えません。もちろん良心的な業者が大部分を占めていますが、よくある詐欺の手口を知っておくことは重要です。

ファクタリング業者が初めて逮捕された事例は、2017年1月に大阪で発生しました。逮捕された業者は運送会社の経営者に現金50万円を貸し付け、法外な利息を取っていたとして、貸金業法違反の容疑に問われています。ここで注意すべき点は、ファクタリングが違法とされたわけではないことです。ファクタリングは売掛債権を譲渡し、早期に現金化するのが本来の役割です。しかし詐欺集団は売掛債権を担保にして、貸金業の免許を持たずに融資を行っていたことが問題にされています。ファクタリングと融資は別のものですが、確かに線引きが曖昧になりやすい点があり、違法な業者が参入する余地が生まれています。

この容疑者は過去にも闇金融を経営して逮捕された経歴を持っています。闇金融は当局の取り締まりが厳しくなり、現在では下火になっていますが、そのかわりにファクタリングという新しい業界へ転身するケースが多く見られます。もともと違法なことを承知の上で経営している集団なので、理性的に話し合っても無意味です。取引先への通知や家族への圧力、近所への嫌がらせなども含めて、さまざまな脅迫を仕掛けてくる恐れがあります。一度つきあい始めると骨の髄までしゃぶられることになるため、絶対に利用しないことが大切です。資金難に陥ったとき、一刻も早く現金化したいと焦る気持ちは分かりますが、少なくとも詐欺業者かどうかをしっかりと見極める必要があるでしょう。

これ以外にも詐欺まがいの悪徳ファクタリング業者は存在します。よくある手口は、手付金や保証料などの名目で、勝手に振込金額を減らしてくるケースです。たとえば100万円の売掛債権を売却した場合、手数料率が20%なら80万円が振り込まれるはずですが、実際には50万円しか入金されないといったことが起こります。

このような業者では、最初は手数料率の低さで顧客にアピールし、実際に契約する際には審査の結果が悪かったとして、手数料率を吊り上げてくるのが常套手段です。悪徳業者の利用を続けていては、いつまでたっても資金繰りが改善しないどころか、さらに悪化する恐れもあります。

売掛金の回収期日が来たら、ファクタリング業者の口座に現金を振り込む必要があります。このとき嘘の口座を教えられ、まだ業者には振り込まれていないとして、二重取りされたという事例も見られます。比較的新しい業界だけに、業者にも従業員にもいろいろなタイプがあり、見極めるのは大変かもしれません。

利用するときには安全第一を心がけ、情報サイトを参照するとともに、手数料率が極端に安い業者には注意したほうが良いでしょう。なお回収期日になっても現金を振り込まずに逃亡したり、ひとつの売掛債権を複数のファクタリング業者に売却したりすれば、利用者のほうが詐欺罪に問われます。業者も利用者もルールを守って、健全で利用しやすい金融システムの構築に努力したいものです。

このサイトでは安全で評判も高いファクタリング業者のみをご紹介しているので、是非参考にしてみて下さい。

サイト内検索
ファクタリング会社ランキング!
リソースプロ
ビートレーディング
キュッパ
三共サービス
ライジング
記事一覧