ネットの口コミから厳選されたファクタリング会社を一挙紹介!

ファクタリングを利用する時の手数料の内訳

ファクタリングは売掛金を売却する事で現金を得る方法ですが、ただ売買をするだけでなく、その際に手数料が発生します。手数料として発生する内訳の一つが着手金です。

様々なサービスを利用する際、着手金が発生する場合がありますが、これはファクタリングでも例外ではありません。ただ、全ての会社がこの費用を請求するわけではなく、殆どの会社が着手金無料で行っているのが現状です。

それ以外としては、諸費用があります。これは事務手数料と呼ばれる物で、例えば審査料や債権譲渡登記、さらに公正証書作成に関わる費用です。料金設定は各社によっても違っています。また手続きをする上で実費が発生しますが、その実費に対してそれぞれ手数料が加算される場合もあります。もちろん印紙代が必要となる場合も有れば、そうではない場合も出てくる為、全てのファクタリング取引において同じと言う訳ではありません。

それ以外としては、ファクタリング手数料が発生します。ただ、この費用に関しても2社間取引なのか、3社間取引なのかでも変わってきます。また売掛先やファクタリングを行おうとしている会社に対する信用度がどうか、初回なのか継続なのかでも変わってくる為、一定ではありません。基本的には少額だったり初回利用の方が手数料の割合が高く、継続利用や3社間取引の場合は割合が低く設定されます。

ファクタリング自体は金融機関からの融資に代わる資金調達法として注目されており、現在急速に使用する数が増えています。その場合に発生する手数料が、ファクタリング会社が受け取る報酬と言う事になります。ただ同じ商品であっても販売する小売店が違えば販売額が違うのと同じで、この費用についてもファクタリング会社によって違いが出て来ます。そのため、一体どれ位の金額となるのか、それについて良く調べてから契約しましょう。

また注意したいのは、その料金の表記についてです。出来るだけ安い金額に抑えたいと思っている場合、活用したい・興味のあるファクタリング会社についてインターネットで調べる事も有るはずですが、その場合、発生する料金が売掛金の何%かと書いてある場合が多々あります。

しかしこれは最低何%と言う事で、上限が表記されているわけではありません。つまり、実際に取引しようとしたら、もっと高い額を請求されてしまったと言う事にもなりかねません。したがって、まずは具体的にいくら位になるのかを確認しておく事をお勧めします。

また、その費用に関しては、その会社によっても設定が違っている場合もあります。その為、ただ金額がいくらになるのかと言うだけでなく、その内訳もしっかりと調べておきましょう。資金繰りをする為にファクタリングを活用する事になりますが、その場合、どれ位の料金になるのか、どれ位手元に入ってくるのかと言う事はとても重要な事だと言えます。

ファクタリング会社によってはどれ位の費用で売掛金の売却が出来るのかと言う事だけでなく、売掛金の査定等も行ってもらう事ができます。それを上手に使えば、なかなか現金が入って来なくて資金が調達し辛いと言う時でも、納得のいく売却額が期待できるのではないでしょうか。

ただ、現在日本ではまだファクタリングは銀行の融資等に比べるとメジャーな資金調達法とは言える状態ではありません。その為、なかなかその内容が良く分からずに使ってしまうと言う人も居ます。業者の中には非常に安い料金で手続きが出来るようになっている所もありますが、その場合、契約した後に追加請求が発生してしまうという事例も生じています。

ファクタリングを安全に活用して上手に資金調達をする為にも、まずはその費用の内訳をしっかりとチェックしてから契約しましょう。

サイト内検索
ファクタリング会社ランキング!
リソースプロ
ビートレーディング
キュッパ
三共サービス
ライジング
記事一覧