ネットの口コミから厳選されたファクタリング会社を一挙紹介!

ファクタリングの魅力はキャッシュフローの正常化

資金調達の方法として、大きな注目を集めているのがファクタリングです。

ファクタリングは、もともとアメリカで誕生したものです。実は、日本にも1970年代に導入されているのですが、その頃は手形取引が中心だったため、あまり普及しなかったのです。しかし、バブルが崩壊してから手形取引が減ってしまいます。そのため、手形取引によって資金を調達していた企業は、売掛金を資金化する方法がなくなってしまったのです。そこで再び脚光を浴びることになったのが、ファクタリングなのです。

ファクタリングは、企業が持っている売掛金をファクタリング会社が買取り、資金を提供するものです。ファクタリングには様々なメリットがあります。

ファクタリングの大きな魅力のひとつが、キャッシュフローの正常化です。キャッシュフローとは、お金の流れのことです。一般的に、キャッシュフローが出てくる場合は、企業活動で得られた収入から、様々な支出を差し引いて手元に残る資金の流れを示すことが多いです。企業は、債権売却で売却代金を受け取りますが、一般的な借入のように担保を請求されることはありません。ファクタリングを利用すれば、債権の回収期日までに資金化することができない売掛金や受取手形がある場合でも、期日前に資金化することが可能なのです。

キャッシュフローの改善だけでなく、バランスシートをスリム化することもできます。償還請求権なしで譲渡されるので、売掛金のオフバランス化とバランスシートのスリム化が可能です。
売掛先の企業が倒産した場合でも、譲渡代金の請求は行われません。企業の経営において、長期の安定は非常に重要です。安定した企業経営にはリスクマネジメントが欠かせませんが、リスクマネジメントと同時に資金調達ができるのがファクタリングなのです。

一般的な銀行融資だと、融資の申し込みから資金調達ができるまで数週間はかかります。しかし、ファクタリングであれば、即日の資金調達も可能なのです。会社を経営していると、急な出費が重なり、まとまった資金が必要になるケースが少なくありません。

急な資金が必要になったときに、すぐに資金調達ができる方法を知っておくことは大切です。売掛債権を買い取ってもらって資金調達をするので、決算上は負債にならないのも大きなメリットのひとつです。

銀行で借り入れを行う場合、決算書を求められることがあります。その場合、借り入れは多いよりも少ない方が良いのです。企業によっては、資金繰りが大変で、綱渡りの状態を続けている会社も少なくありません。ファクタリングによってキャッシュを増やすことで、資金繰りが大幅に楽になります。メリットが多いものの、手数料がかかるなどデメリットもあるので、事前によく考えてから選択することが大事です。

欧米では、中小企業の資金調達方法として有名で、不動産担保融資よりも知られています。ファクタリングは、借り入れではないため、金利は発生しません。ファクタリングには、2社間で行われるタイプと3社間で行われるタイプがあります。取引先に売掛債権を現金化したことを知られずに済むのが、2社間タイプです。ただ、2社間は手数料が高いです。

手数料が高い理由は、リスク回避のためです。リスクが少なくて手数料が安いのが、3社間タイプです。できるだけ資金を多く調達したい場合、3社間タイプを利用するケースが多いです。3社間タイプを利用する場合は、取引先の了承を得る必要があります。取引先の承認は必要になるものの、手数料の安さが魅力です。

ファクタリング契約を結ぶ場合は、様々な書類が必要になりますが、準備する書類はファクタリング会社によって異なります。

サイト内検索
ファクタリング会社ランキング!
リソースプロ
ビートレーディング
キュッパ
三共サービス
ライジング
記事一覧