ネットの口コミから厳選されたファクタリング会社を一挙紹介!

想定外のお金を取られるかも!?手数料が異様に安いファクタリング業者には注意

手数料が異様に安いファクタリング業者には注意する必要があります。一般的に、ファクタリングでの手数料は20%前後、範囲としても15%から30%の間に収まることが多いものです。この数字は、一見するとかなり高いように見える人もいるかもしれません。金融機関から融資を受けた場合には、年間の利率としてさえもこの程度の数字か、あるいはこれよりも低い数字になることが多いでしょう。

ファクタリングの場合は当然ながら1年後までお金を借りることに相当するようなことはないでしょうから、この数字が高いと思われるのも当然です。ですが、これにはファクタリング会社の適正利益のほか、与信審査の結果としてどれだけリスクがあるかということを見込んで積み上げられますから、この程度の割合にはどうしてもなってしまうのです。

ファクタリングサービスを受ける会社としては、当然ながら同じ条件であれば手数料は安ければ安いに越したことはありません。しかし、あまりにも安すぎるファクタリング業者には注意してかかる必要があります。それこそ、低い手数料そのものが、ファクタリングを利用することのリスクになるかもしれないのです。だいたい、慈善事業をやっているのではないのですから、まともに利益もでないような数字で会社経営が成り立つはずはありません。

会社を経営している人であれば誰でも、経営にはリスクが付き物だと知っています。いかに自社の経営状態が良好でも、関連会社や取引先企業に何かあれば、連鎖的に自社も影響を受けてしまうことがあるというのを知っています。つまり、リスクはどうやってもゼロにはなりません。

このようなことを考えれば、最初の見積もり段階で提示してくる手数料が10%以下という業者は、疑ってかかるべきでしょう。ましてや5%にも満たないような業者は眉唾と考えて間違いありません。既に同じ会社でのサービスを複数回利用していて、リスクは少ないと見込んでもらっている、信用が築けているというような妥当な理由がある場合を除き、例えば初回の利用でこのような業界標準から大きく離れた数字を出してくる業者は怪しいのです。

また、そもそもまともに見積もりを出してこない業者というのも同様に怪しいと考えて間違いありません。

このような業者は、もちろん中には真っ当な業者もあるのかもしれませんが、たいていの場合、話しが進むにつれて何かと理由をつけて高い割引率を要求してくるようになるのが常套手段です。最初に提示した数字はあくまで基本料であって、その後何か一つ話しが前に進むごとに事務手続料だ管理料だといった名目で割引率が積み上げられ、最初の数字とははるかにかけ離れた数字になってしまうというパターンです。

最初に提示された割引率は5%とか10%であったとしても、それが最終的な割引率になるとは限りません。業界標準の15%から30%程度の範囲に最終的に収まるのなら、まだその業者は悪徳性の低いところであって、おそらくこのようなやり方でやってくる業者では最終的な割引率はこれを越えることも決して珍しくないでしょう。それならば始めから標準的な割引率の業者を選んでおけばよかったと思っても後の祭りです。

このような悪質なファクタリング業者を見分ける確実な方法は残念ながらあまりありませんが、一つにはもちろんこのように異様に低い手数料そのものを疑ってかかることです。初めから断っても構いません。

もう一つは、それこそ根掘り葉掘り、いつ、どのような条件で、どのようなお金が追加でかかるのかの説明を求め、それを書面で残させることです。これも曖昧な説明に終始したり書面で残すのを渋ったりするようなら、その時点でお断りとすればよいのです。

サイト内検索
ファクタリング会社ランキング!
リソースプロ
ビートレーディング
キュッパ
三共サービス
ライジング
記事一覧