ネットの口コミから厳選されたファクタリング会社を一挙紹介!

ファクタリング業者は、利用者だけでなく売掛先の信用度も見ている!

ファクタリングは売掛債権を買取ってくれるサービスを行っている業者やそのサービス名のことを指します。取引をしているさいにお金のやりとりは債権で行うことが多く、商品を売った場合にその代金は定められた期限までに支払えば良いというものです。この後日に回収されるものを売掛債権と言います。

この方法で取引するメリットとしては、多額のお金を頻繁に移動させる必要がないことで、また売掛で商品を購入した側としてはその商品を売った代金で、売掛金を支払うことができるといったものです。ただ売掛る側としては、支払いまで現金が流出することになります。潤沢な資金があれば問題ありませんが、資金繰りが厳しい場合や緊急で事業資金が必要となった場合には、資金ショートの原因にもなります。このさいに有益なのがファクタリングです。

ファクタリングを行う前に行っておくべきこととしては金融機関からの融資が可能であるかです。ファクタリングの場合には、手数料が取られ満額の売掛金を回収することができません。もし銀行から融資を受けられるのであれば金利を支払っても有利ですし、融資と返済を問題なく行うことができれば、銀行の信用力も高めることができ長期的に見れば有益です。

ただ銀行の融資は時間が掛かるので緊急の資金繰りには難しいところです。一方でノンバンクの場合には金利が高いですが、審査がはやいので素早く融資を受けることができます。しかしこのお金を借りるという方法は、将来的に売掛金が回収できれば問題ないですが、売掛先が何らかの理由で支払いが出来ない場合には返済に窮するリスクもあります。

純粋に売掛債権を売却してしまいたいのであればファクタリングという手段になります。ファクタリングでは、売掛債権を現金で買い取るというもので、売掛先が仮に倒産して支払いが不能になったとしても買取りですので、返済する義務は発生しません。このためファクタリングによって得られた資金は自由に使うことができます。またファクタリングでは、売掛先の信用を見ているので、金融機関からの融資とは異なり容易に行いやすいメリットがあります。

ちなみに会計上は売却ですから、借入金に扱われないので財務状況は悪化しません。もちろん、支払い先が倒産しても支払い義務もないので貸し倒れリスクがありませんし、融資ではないので法人信用情報への影響も少ないことがあります。また相手の企業にも通知されませんから、利用者同士の影響も最小限にすることができます。

ただし手数料は20%が相場であるため売掛金の8割程度しか回収できないことに留意する必要があります。また売掛債権の信用力によっては、40%というケースもあります。一方で継続的に取引を続けて信用力を高めれば5%前後の手数料になるケースもあります。このため5%前後になると融資を受けるよりも支払う手数料が減りますし、また即時現金化が出来るので資金繰りを改善するといった意味でもメリットがあります。

いずれにしても優良な売掛債権であれば貸し倒れになるリスクは少ないのでファクタリング業者も低い手数料になります。ファクタリングの代金回収は利用者が行うか集金代行業務委託契約を結ぶことになります。このため相手にはファクタリングを利用していると知られることはありません。

ただファクタリング業者は貸金業者でも行えるため銀行とは異なりコンプライアンス面での不安があります。法外な手数料を取ってきたり、相手企業に通知するといったものです。これらを利用するとトラブルに巻き込まれ余計なお金を支払うことになります。このため利用者もファクタリング業者の信用力を見ておく必要があります。

サイト内検索
ファクタリング会社ランキング!
リソースプロ
ビートレーディング
キュッパ
三共サービス
ライジング
記事一覧