ネットの口コミから厳選されたファクタリング会社を一挙紹介!

売掛金担保融資(ABL)とファクタリングの違い

売掛金担保融資はABLとも呼ばれ、売掛金債権などを担保として融資を受ける方法です。ABLはアセット・ベースト・レンディングを省略したもので、ファクタリングとは大きな違いがあります。ABLは企業が保有する事業収益資産を担保として融資を受けます。事業収益資産とは原材料や在庫、売掛金債権などのことです。

ABLは企業の事業継続を前提として企業と金融機関の間で行われます。ファクタリングは売掛債権譲渡とも呼ばれています。既に確定している売掛金債権を売却して資金を調達します。具体的には企業が保有する売掛金債権をファクタリング会社に売却します。売却の際には手数料の支払いが必要です。債権の回収はファクタリング会社が行います。迅速かつ効率的に資金回収が可能になるというメリットがあります。

ABLとファクタリングの大きな違いは、前者が資金の貸付契約なのに対し後者が売掛金債権の譲渡契約である点です。資金の貸付契約では貸付額や利率、分割による支払い回数や支払い額を決定する必要があります。ファクタリングの場合には売掛金債権の売買契約なので、売買の対象となる売掛金債権と売買代金、支払い日を取り決めます。貸付契約を行う場合には支払方法の決定が必要です。

売掛金を利用した貸付契約でも分割支払が可能なので毎月の支払額や支払日を決定します。売掛金債権の譲渡契約では譲受人が代金を支払いますが、譲渡人が売掛金債権を弁済する必要はありません。売掛金債権の弁済は売掛先の債務者が行います。譲渡人は売掛金債権を譲渡することで資金を得られるだけでなく、債権回収のリスクを回避することもできます。

一方で償還請求権付きの売掛金債権譲渡では決済日に売掛先の債務者が支払いを行わない場合に、譲渡人による買い戻しが必要です。その場合には買い戻しのための資金が必要になります。

ファクタリングには譲渡人、譲受人、売掛先の3社間で行われるものと譲渡人、譲受人の2社間で行われるものが存在します。一般的には3社間で行われていますが、2社間で行う場合には売掛先に通知などがされることはありません。譲渡人自身が売掛先から債権を回収して譲受人に支払います。2社間で契約を行う場合には、売掛先からの入金をそのまま譲受人に支払うだけなので、譲渡人は特に支払い用の資金を用意する必要はありません。

ABLでは債務の返済が不可能な場合に債権者が売掛金債権から回収することになります。債権者は売掛金債権の取得を売掛先に通知して直接的に支払いを請求します。直接的な取り立ては元金と利息が回収されるまで継続されます。ファクタリングの場合には、売掛先が債務不履行を起こすと譲受人が直接的に取り立てを行うことになります。譲受人には売掛先が倒産した場合に、債権回収が不可能となるリスクが存在します。

譲渡人は売買契約の締結時に一定の手数料を支払いますが、売掛先が倒産するリスクを回避できます。2社間でファクタリング契約を行った場合に譲渡人が売掛先からの入金を譲受人に送金しないと、譲受人から債務不履行による損害賠償を請求されます。場合によっては民事上の不法行為に該当することも考えられます。さらに横領罪や詐欺罪など刑事上の責任が問われる可能性も存在するので注意が必要です。

ABLでは売掛先を指定して契約期間内に発生予定の売掛金債権を利用して貸付を受けたことを登記します。ファクタリングの場合にも既に発生している売掛金債権ごとに登記が必要です。診療報酬債権など未発生の債権についてファクタリングを行う場合には、既に発生した債権と未発生の債権が混在して登記されます。

売掛金を利用した貸付契約では元金が100万円以上の場合の利息は年15%が上限となります。ファクタリングでは売掛金債権額と売買代金の差額が譲受人の利益です。

サイト内検索
ファクタリング会社ランキング!
リソースプロ
ビートレーディング
キュッパ
三共サービス
ライジング
記事一覧