ネットの口コミから厳選されたファクタリング会社を一挙紹介!

電子記録債権(でんさい)とファクタリングの違い

電子登録債権は「でんさい」とも呼ばれるもので、売掛金などの企業間の債権を電子的に記録し、管理する仕組みのことを言います。そのため、パソコンやファクシミリがあれば債権の譲渡や割引を行うことが可能です。

対してファクタリングは、債権の支払企業と受取企業が金融機関などのファクタリング業者と契約することを言います。これにより、受取企業はファクタリング業者にその債権を譲渡することが出来るようになります。

このふたつには、幾つか共通点があります。

まずひとつめに、商品等を納入する側である受取企業は、売掛債権を譲渡することが出来ます。また、この債権を譲渡することによって受取企業は支払期日前に現金を受取ることが可能です。次に設けられた支払期日がやってくると、支払企業の銀行口座から資金が引落とされることで決済が行われます。これはシステムを使用しているので、一度手続きを踏んでしまえば、あとは自動で行われます。債権を譲渡して支払期日前にお金が受取れる点とそれがシステム化されている点、このふたつは共通点と言えるでしょう。

似たような点がある一方で、でんさいとファクタリングには幾つかの違いも存在します。その一つ目としてまず挙げられるのが、ネットワークの違いです。でんさいは、株式会社全銀電子債権ネットワークという記録機関が運営しているシステムです。よって使用する際は、銀行等のシステムを介してアクセスする必要があります。

このシステムは金融業界を挙げての取り組みであり、全国銀行協会が100%出資して設立しています。1300という多くの金融機関が参加しているだけでなく、従来からある銀行間の決済システムを利用していることも特徴と言えます。
そのため、利用する企業は口座を既に所持している銀行または金融機関が参加していれば、口座開設などの手続きをすることなく利用することが出来ます。仮にもし手続きが必要になった場合でも、使用される書式は全国統一となっているので、利便性が高いことがポイントと言えます。

一方のファクタリングは、あくまでも個別のファクタリング業者を通じての取引であることが特徴です。よって取引先が増えた場合には、ファクタリング業者を交えたうえで新たに契約を締結していく必要があります。
そしてもうひとつの違いとして挙げられるのが、保証の有無についてです。

電子記録債券を譲渡したい場合、その企業は保証人という扱いになります。よって、もし支払い企業がその債権を履行できないなどのトラブルが発生すると、譲渡した企業は保証人として支払い義務を負うのが決まりとなっています。
対してファクタリングは、譲渡するときその債権をファクタリング業者が買い取ることになります。そうすると、支払い企業がもし債権の不履行を発生した場合、譲渡した企業は保証人にはなりません。よって譲渡した企業が支払う義務を負うこともありません。

また、ファクタリングでは、貸倒れのリスクを負わずに済む特徴があります。これにより、支払期日前にお金を入手することができる仕組みとなっています。よって財務諸表の健全化という視点から考えてみると、ファクタリングのほうがメリットが大きいと言えるでしょう。

ですが債権を買い取るファクタリング業者は貸倒れリスクを負う仕組みとなっています。よって譲渡する際に発生する手数料または割引料に相当する金利相当分は電子記録債券よりも高くなってしまうことがあります。

そのため昨今は、各銀行で両方のシステムを組み合わせたサービスも展開されています。これはでんさいに登録されている債権を銀行が買い取る仕組みです。この場合も譲渡する企業は保証人になる必要がありません。

サイト内検索
ファクタリング会社ランキング!
リソースプロ
ビートレーディング
キュッパ
三共サービス
ライジング
記事一覧