ネットの口コミから厳選されたファクタリング会社を一挙紹介!

アメリカやイギリスでは遥か昔から浸透していた!ファクタリングの歴史

ファクタリングとは、企業や個人が保有する売掛債権を額面よりも安く買い取って、それを回収することを言います。売り手となる企業や個人にとっては、早期に資金調達できるメリットがあります。一方、ファクターと呼ばれる買い手は、額面との差額や手数料収入を得ることができます。

ファクタリングは日本においては1970年代に登場したと言われています。しかし、当時の日本では、企業の資金調達といえば銀行融資という慣習が根付いてこと、また、手形取引と非常に類似しているという理由で、あまり受け入れられませんでした。

日本でファクタリングが一般的に利用されるようになったのは、2005年に「債権譲渡の対抗要件に関する民法の特例等に関する法律の一部を改正する法律」において、債権譲渡の登記制度が確立してからです。これによって、従来頻発していた債権の二重譲渡といったトラブルが起こる可能性が大きく減少したため、債権譲渡が利用しやすくなりました。

ただし、日本の銀行は欧米に比べ、信用調査部門の能力がそれほど高くありません。したがって、ファクタリングは普通銀行ではほとんど行われていません。このような理由で、ファクタリングはまだまだ十分に浸透していない面があります。このように、日本におけるファクタリングの歴史はまだまだ浅いと言えます。

一方、海外における歴史はどうかというと、欧米の先進国ではたいへん古くから利用されている資金調達方法です。ファクタリングの発祥については諸説がありますが、売掛債権の支払保証を行うファクターはイギリスで14世紀後半頃から存在していたと言い伝えられています。

日本に比べると、たいへん歴史のある金融取引であることがよくわかります。その後、18世紀後半から19世紀にかけて、イギリスでは産業革命が起こります。この時期、ファクターが繊維会社をはじめとする企業に代わって、ファクタリングを用いて積極的に資金調達を行ったと言われています。

これによって、企業家たちはより積極的な設備投資を行うことが可能になりました。そして、企業はより生産効率を高めることができ、産業を短期間で大きく発展を遂げることができました。さらに19世紀になると、イギリスはアメリカをはじめとする諸外国に対して多くの工業製品を輸出するようになります。この時もファクタリングが積極的に利用されたと言われています。

20世紀に入ると、ファクタリングの主役はアメリカへと移行します。冒頭にも述べましたが、売り手となる企業にとって、ファクタリングは販売から資金回収までの時間を大幅に短縮することが出来るメリットがあります。通常、売掛債権の回収には数ヶ月から半年程度かかりますが、ファクターを利用すれば、これをゼロにすることも可能です。

資金回収を素早く行うことで、新たな設備投資を行い、経営効率を高めることが可能です。同時に、相手企業の倒産による貸し倒れというリスクを回避することもできます。この2つのメリットによって、企業を効率よく成長させることができるというわけです。20世紀のアメリカでは、このメリットを最大限に活かし、多くの企業がファクタリングによって劇的な成長を遂げました。

ファクタリングが繁栄の礎を作ったと言っても決して過言ではありません。そして、現在では欧米やアジアをはじめ、世界各国で当たり前に利用されています。

このように、日本と欧米ではファクタリングの歴史に大きな開きがあります。近年、日本では手形取引が大きく減少し、企業経営ではキャッシュフローが重視されています。このような状況のもと、ファクタリングは企業の発展にとって欠かせない資金調達法の1つとなるでしょう。

サイト内検索
ファクタリング会社ランキング!
リソースプロ
ビートレーディング
キュッパ
三共サービス
ライジング
記事一覧