ネットの口コミから厳選されたファクタリング会社を一挙紹介!

海外との取引のリスクヘッジ「国際ファクタリング」

国際ファクタリングは世界中で幅広く利用されていますが、ここ日本では他の国に比べてまだ利用される頻度が少ないのが現状です。ファクタリングは、海外との取引きの際に資金回収の保証をする他に、手軽にできる取引のしやすさ、取引のスピードにおいても注目されています。

では、国際ファクタリングとはいったいどのようなものなのでしょうか。その仕組みを詳しく見ていきましょう。

国際ファクタリングは、日本の企業で作られた商品を海外へ輸出する際に用いられるファクタリングサービスのことです。輸出の際には商品の取引きにおいて、代金を回収しなければなりません。その代金の回収を確実に行うためにこの手段を利用するのです。各国のファクタリング会社が密接に連携することで負債を資金化し、代金の回収を行います。

ですが、輸出の際には必ずファクタリングを利用しなければならないのか、といえばそうではありません。もし利用しない場合は、代金の回収を一流銀行での保障状や取消不能信用状、また輸出貿易保険を代わりに利用することになります。銀行での保障状や取消不能信用状などを利用すれば、輸出する側の企業は貸し倒れの危険を避けることができます。しかし、これらの手続きは少々面倒な点があり、その上輸出する国の制度によっては利用できない可能性もあるのです。

その点、国際ファクタリングでは世界中で結びついて1つの組織としてできあがっているため、取引きができない、という可能性もありません。さらに手続きのスピードも速くできるのがメリットです。先ほど保障状や取消不能信用状を利用すれば貸し倒れのリスクを避けることができると記載しましたが、ファクタリングを利用した際にもその心配はありません。

輸出した代金の負債が出た場合は支払いの保証を受けることができます。そのため相手国の企業に対して、取引上の信用を失うこと、また倒産するリスクもないのです。

このように見てみるとメリットが豊富なファクタリングですが、他にはどのような特徴があるのでしょうか。1つは、上記にも挙げましたが、保障状などの手続きとは逆に簡単に手続きができるため、時間短縮にもつながるということです。面倒な手続きはすべてファクタリング会社によって行われるため、その手軽さが魅力でしょう。

そして4社間で取引きがされることも特徴の1つです。通常、一般的なファクタリングでは輸入する企業と輸出する企業、そしてファクタリング会社、という3社間で取引きを行います。しかし国によっては事業者が加わることもあり、合計4社間での取引きになることも珍しくありません。このような場合があるため保証料は少し高めになっていることがあります。

また、費用を負担するのは輸出企業だということもこの手段ならではの特徴ではないでしょうか。取引きをするに当たって、保証料や信用調査料の他、様々な費用が必要になってきます。それらの費用の負担は輸出する側の企業だと決まっており、おおよそで信用調査料は1万円前後、保証料では、0.2パーセントから2パーセントとなっているのです。

他にも様々な費用がかかることを記載しましたが、主に通信費用の割合が多いでしょう。このように、スムーズに取引きを行うに当たって、便利なファクタリングですが、日本の貿易保険制度とよく似た手段がまだ他にも存在します。

例えば決済期間の長い期限付手形がリスクヘッジ手段として利用されていることが挙げられます。また、国際金融取引きとして政治リスクを避けるためのフォーフェイティングというものもあります。

国の制度によって取引のしやすさはそれぞれなので、相手国や保証期間、またかかる費用などで手段を選ぶのが良いでしょう。

サイト内検索
ファクタリング会社ランキング!
リソースプロ
ビートレーディング
キュッパ
三共サービス
ライジング
記事一覧