ネットの口コミから厳選されたファクタリング会社を一挙紹介!

ファクタリングと手形発行との違い

ファクタリングも手形発行も金融のための手段であるという点では共通していますが、両者には大きな違いがあります。

最も異なる点は返済義務や償還請求についてです。手形割引で資金調達を行うと負債として扱われます。割引を行った場合には手数料を差し引いた額が融資され、期日に返済されます。基本的に割引を行った者に債務を返済する義務はありませんが、発行者が何らかの事情で支払い不能となる場合があります。発行者が支払い不能な場合には融資を受けた者が償還請求を受ける仕組みです。

ファクタリングとは売掛金債権を譲渡して資金の融資を受ける方法です。2社間で行われる場合と3社間で行われる場合があります。一般的に譲渡人、譲受人、売掛先の3社間で行われる事例が多く見られます。2社間で行う場合には売掛先が譲渡人に支払い、さらに譲渡人が譲受人に返済するという流れになります。2社間のファクタリングでは譲渡人が売掛先から受け取った金銭を譲受人に渡す義務はありますが、譲渡人自身が債権を弁済する義務はありません。

3社間でファクタリングが行われた場合は、譲受人が債権の回収を行います。譲渡人には債権回収の責任はありません。債務不履行のリスクを負うのも譲受人です。その代わり譲渡人は譲受人に対して一定の手数料を支払うことになります。

ファクタリングとはあくまで債権譲渡であって借入れではありません。そのため譲渡人が債務を支払う責任も発生しませんが、手形の場合には割引の依頼者が責任を負うことがあります。

いずれの方法も債権や手形を第三者へ引き取ってもらい、受取期日や信用力などを活かしながら手数料を支払い資金を前借りするという点では共通しています。ファクタリングの場合にはファクターと呼ばれる売掛債権買取業者が債権を買い取ります。手数料の相場は売掛債権の清算期日や売掛先の信用力により違いが出てきます。

手形の場合には銀行などの金融機関が割引を行います。手数料は一般的に割引料と呼ばれ、担保を差し出した上での融資という形式になります。手数料が期日や振り出し企業の信用力によって決まるのはファクタリングと共通しています。

売掛債権を売却する場合に重要なのは譲渡人ではなく売掛先の信用力です。売却に際しては審査が行われますが、ファクタリング会社は売掛先の経営状態などを重視します。一方手形の割引は不動産を担保とする住宅ローンなどと本質的な部分では同じです。

住宅ローンでは借り手の元手となる資金が少なくても不動産自体に抵当権を設定して担保にすることで多額の融資を受けることができます。しかし債権を担保とする場合には債務者の信用力が問題となります。振り出した企業が債務超過や税金・保険料の未払い、赤字決算などの場合には割引できない場合もあります。

最も効率的に資金調達ができるのはファクタリングです。万が一売掛先が債務不履行を起こしても譲渡人は弁済する責任も負いません。また資金調達は経営状態が悪化している場合に行われることがあります。

経営の建て直しのための資金が必要な段階では、譲渡人ではなく売掛先の信用力が審査されるファクタリングが有効です。自社の信用力が調査される場合と比較して効率的に資金調達できます。

手形の割引では振り出した企業が債務不履行となった場合に自社が償還しなければならないリスクが存在します。ファクタリングを上手に活用できればリスクを回避してスムーズな資金調達が可能です。

売掛金債権を自社で回収する場合には、回収の手間や債権が回収不能となるリスクを考慮しなければなりません。しかし売掛金債権をファクタリング会社に譲渡してしまえば、早期に資金を調達できるだけでなく回収の手間を省き債務不履行のリスクを回避できるメリットがあるので、状況に応じて上手に利用しましょう。

サイト内検索
ファクタリング会社ランキング!
リソースプロ
ビートレーディング
キュッパ
三共サービス
ライジング
記事一覧