ネットの口コミから厳選されたファクタリング会社を一挙紹介!

医療業界では浸透しつつある診療報酬債権ファクタリング

診療報酬債券ファクタリングというのは医療業界では浸透しつつある資金調達方法の一つです。

この業界に限った話ではありませんが、事業経営上、資金が必要となった場合、どういう調達方法が考えられるでしょうか。

一つには当然ながら銀行その他の金融機関から融資を受ける方法があります。常識的な方法ではありますが、この方法とて万能ではありません。最もネックとなるのが審査でしょう。貸したお金を返してもらえそうかということの確認なしにお金を貸すことは金融機関としてできませんから、審査は避けて通ることができないのですが、とくに経営規模の小さい中小の事業者にとって、これはなかなかに厳しいハードルだと実感されていることが多いでしょう。

厳しいハードルではあってもこれ以外に資金を調達する方法など思いつかないという人もいるかもしれませんが、実は他にも方法はあります。ファクタリングというのがそれです。ファクタリングというのは、あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、事業者における資金調達の方法として用いられているもので、一言で言うと売掛債権を購入してもらうことを指します。

これもこの業界だけに限らないのですが、様々な事業において、自社が提供する商品やサービスは売れたけれども、その代金の支払いは後日行われるという商取引慣行があります。個人の買い物で現金払いするときにはこれは当てはまりませんが、企業間での大口の取引の際には、その場で代金を現金払いすることのほうがむしろ稀で、代金は請求書発行により後日銀行振込で対応されることのほうが多いでしょう。

これは一般的な商取引慣行であるものの、商品やサービスを売った事業者にとっては経営上の足かせとなり得るものです。何しろ、売れたものの代金が後にならないと入ってこないのです。当然ながら、経営上は、代金が納入されるまで資金が無くても済むはずがありません。従業員への給料支払いは必要ですし、新たに商品を仕入れるためのお金も必要です。光熱費も、また賃貸オフィスの人は賃貸料も必要になるといった具合です。

そこで登場したのがファクタリングサービスです。ファクタリングサービスでは、サービス提供会社はこの売掛債権をその場で買い取ります。債務者は、後日代金を自社に支払う代わりにファクタリングサービス提供会社に支払うというのが基本的な流れになります。もちろん、代金の100%で売掛債権を買い取ってくれるわけではありません。支払われるタイミングの差もありますし、本当に100%間違いなく債務者は代金を支払ってくれるかというリスクもありますから、それに応じた一定割合の金額が差し引かれることになります。これは金融機関から融資を受けた場合の利息に相当するものです。

医療業界においてファクタリングサービスが浸透しつつあるのは、一つにはこの売掛債権の優秀さにあります。この業界での売掛債権とは即ち診療報酬となりますが、この債務者は健康保険組合です。一般の企業と比較して、健康保険組合は診療報酬の支払いという点においてリスクが少ないと考えられるからです。一般の企業であれば、常に倒産のリスクが付きまとうでしょう。また倒産とまではいかなくても経営が行き詰まり、債務の一部が支払い困難になってしまうことも考えに入れておかなければなりません。

しかし健康保険組合の場合は基本的にそういうことが起こりません。倒産する可能性は無いといって差し支えありませんし、何かの理由で支払い困難に陥る可能性も極めて低いでしょう。そういう意味では非常に優良な債権であり、リスクが低い分、代金の100%により近い金額で売掛債権を買い取ってもらえることが想定されるのです。

サイト内検索
ファクタリング会社ランキング!
リソースプロ
ビートレーディング
キュッパ
三共サービス
ライジング
記事一覧