ネットの口コミから厳選されたファクタリング会社を一挙紹介!

ファクタリングは日本政府が施策として掲げている

日本政府も施策として掲げる、話題の資金調達法、ファクタリングとは何なのでしょう。また、政府はこれを推進するに当たって、どのような動きを見せているのでしょうか。

ファクタリングとは、企業が保有する「売掛金を回収する権利(債権)」を、ファクタリング会社が「買収する」という、債権売買の仕組みです。サービスや物を提供する会社(企業)と、その売上回収についてのリスクを負う会社(ファクタリング会社)が分離できます。これによって、企業には、三つのメリットが生まれます。

第一に、キャッシュフローの改善です。企業は、売掛金などの債権をファクタリング会社に売る事で、その回収期日(取引先からの支払期日など)を待たずに、資金化できます。

第二に、バランスシートのスリム化です。ファクタリングは償還請求権が無い形(ノンリコース)で債権譲渡を行う、完全な買取式です。この為、貸借対照表上の負債にはならず、経理処理が明快になります。

第三に、回収リスクのゼロ化です。ファクタリングはノンリコースの債権売買なので、ファクタリング会社に売った「売掛金など(債権)」の回収が不能となった場合でも、企業側に支払い責任は発生しません。

経営のリスクを回避でき、同時に、リスクのない資金調達が可能となるシステムです。企業にとっては願ったり叶ったりでしょう。

ファクタリングには、二者間と三者間の形式があります。売掛金の売掛先(企業の取引先会社)が、直接ファクタリング会社に支払うのが三者間、企業に支払う(お金を一度企業が預かり、企業がファクタリング会社に支払う)のが二者間です。どちらもメリットは変わりませんが、三者間の場合は「ファクタリングの利用が取引先に知られる」という相違点があります。

現在政府は、ファクタリングを推奨しています。正確には、「ファクタリングのように、不動産や銀行に頼らない資金調達の方法を、中小企業に推奨」しています。

全体の方針として、「中小企業の、銀行への依存」をなくし、売掛金という「まどろんでいる債権」を有効活用してもらう事で、「経済の活性化」を目指しています。この方針は、経済産業省が発表した『中小企業における資金調達の課題』というレポートで、明文化されました。

このレポートでは、中小企業の資金調達が困難である事に対し、資金調達の仕組み自体を、改変していく必要があると述べています。具体的には、従来の主流である「不動産による資金調達」ではない、新しい形式、「売掛金などの流動資産による、資金調達」を推進していこう、というものです。

現状では、動産による資金調達について、いい印象が持たれていない風潮があります。動産で資金調達するなんて、資金繰りが苦しいのではないか、経営状況が悪いのではないか、と邪推される傾向です。

『中小企業における資金調達の課題』では、このような世間の風潮についても言及しています。施策により、仕組みを整え、実績を積み上げる事で、動産による資金調達に対する、世間の意識も徐々に変化させていこうという内容の記載がありました。

このレポートにて明文化された方針を受けて、金融庁でも「不動産に頼らない資金調達」を推進しています。保証人や担保に依存しない借入形態を、積極的に進めるという姿勢です。今後、この方針に沿って、「動産による資金調達」の仕組みが、更に整えられていくでしょう。

ファクタリングは、まさに、日本が進める方針に、過不足なく当てはまります。レポートに明記された「売掛金に代表される流動資産による資金調達」方法であり、「銀行や不動産に依存しない資金調達形式」です。その為、今後の日本の施策では、優先して法整備が進められ、普及していく事となるでしょう。

サイト内検索
ファクタリング会社ランキング!
リソースプロ
ビートレーディング
キュッパ
三共サービス
ライジング
記事一覧