ネットの口コミから厳選されたファクタリング会社を一挙紹介!

日本ではメジャーな不動産担保貸付とファクタリングの違い

ファクタリングとは、企業が資金を調達する方法の一つです。一般的に企業間での取引をする場合は、現金払いではなく掛け売りによって取引を行うことが多くなっています。
掛け売りとは商品やサービスなどを引き渡して、その代金を後日受け取る仕組みの事です。

ただ掛け売りは一般的に行われていますが、その場合、請求書を提出していてもまだ支払期日が来ていないなどの理由によって入金されないお金が発生してしまいます。それを売掛金と言います。売掛金自体は何も問題はありませんが、支払期間が長くなればなる程現金化が難しくなってしまい、該当する企業にとっては資金繰りにも影響を及ぼしてしまうことは珍しくありません。

そんな時に便利な方法がファクタリングです。ファクタリングとはまだ未回収となっている売掛金を、ファクタリング会社が買い取るサービスの事を言います。このサービスの大きなメリットの一つは、融資ではないので審査に通りやすく弁済手段を予め用意しておく必要がないという事です。

さらに売掛金を売却する事になるので、もし急にお金が必要になった場合でも対応しやすいというメリットもあります。そして選んだファクタリング会社によっては、売掛先が万が一倒産して売掛金を回収できなくなってしまった場合でも、自分の方がその回収できなかった分を負担する必要もない、つまり償還請求されることもありません。

ただ、企業が資金を調達する方法はファクタリングだけでなく、それ以外にもあります。

その一つが不動産担保貸付です。これは融資を希望する人・企業が所有している土地や建物などを利用してお金を貸してもらうシステムの事です。融資額自体は用意された土地・建物の資産価値に合わせて決まる仕組みとなっているので、資産価値が高い物であれば融資額も高くなり、価値があまり高くない場合は融資額も希望額に満たないという事になります。

もちろん、弁済手段としてその不動産を利用する事になるので、もし融資してもらったお金を返済することができなければ、その不動産を手放して弁済しなければいけなくなる場合が出てきます。さらに既に弁済手段が用意されているので、もし返済できなかったとしても融資する側としては低リスクになるので高額融資を受ける事ができ、さらに金利も低めに設定できる場合が多くなっています。その為、長期返済も可能となるというメリットもある方法です。

両者の大きな違いは審査・返済などに関する事です。そもそもファクタリングを利用する場合は弁済手段を必要とせず、さらに融資ではないので審査条件も融資に比べると厳しく設定されることは少なくなっています。さらに返済という概念はもともとありません。反対に不動産担保貸付は不動産を予め用意する必要があり、さらに審査を受けてそれにパスする事ができれば融資となります。

もちらん借りたお金は返済せねばならず、もしできない場合は予め用意した不動産を手放すことになります。資金調達という目的では同じですが、両者にはこのような違いがあり、どちらを利用するかはその企業の経営状況や資金を用意する期限など様々な条件を考慮して選びます。

ただ、現時点の日本では不動産担保貸付の方がメジャーとなっています。ただ実はファクタリング自体は決して新しいサービスと言う訳ではなく、昭和47年から既に始まっているサービスです。

しかし日本では金融機関から融資を受けて資金調達すると言う方法が古くから行われている為、どうしてもそちらの方がメジャーになっていると言う背景があります。ですが、間に銀行を入れる必要もなく、さらに融資ではなく売掛金の譲渡で資金を調達できると言う事で、現在ファクタリングは急速に広まってきています。

サイト内検索
ファクタリング会社ランキング!
リソースプロ
ビートレーディング
キュッパ
三共サービス
ライジング
記事一覧