ネットの口コミから厳選されたファクタリング会社を一挙紹介!

責任の所在が変わる?ファクタリングをするなら償還請求権の有無は要確認

ファクタリングとは、企業が持っている売掛金等を業者に売却する事で、支払期限になっていなくても売掛金を現金化できる物です。
その為、直ぐにお金が必要な場合や、資金調達をしなければならない場合等にも多く利用されるようになってきています。
銀行など金融機関での融資の時の様に担保を用意する必要もなく、さらに売却したことで現金を得ているので、その得たお金を返済する必要もありません。

ただ、実はファクタングをする場合に1つ注意しなければいけない事が有ります。
それは償還請求権の有無について確認する事です。
これがあるかどうかで、実はその責任の所在が変わってしまうからです。

償還請求権とは、リコースと言われる事も有ります。
これがあるファクタリングの場合、売掛先がもし倒産してしまった場合、ファクタリングを利用した会社の方がその支払の責任を負うことになってしまいます。
反対に無いタイプを利用すれば、もし売掛先が倒産したとしても、ファクタリングを利用した会社の方は無関係で支払いの義務はないという事になります。

もちろん日本では一般的に償還請求権の無いタイプのファクタリングが行われているので、売掛金を売却した後にもし売掛先が倒産しても、売ったらおしまいで何も関係ない、と言う形になっているのですが、全ての所で同じシステムとなっている訳ではありません。
あくまでも主流となっているだけで、中には償還請求権ありのファクタリングが行われている場合も有るからです。
その場合は、残念ながらもし売掛先が倒産した場合は、自社の方に支払いの義務が発生してしまうので注意しましょう。

では、どうすれば償還請求権の有無を確認する事が出来るのでしょうか。
そこで重要になってくるのが、利用条件・契約条件をしっかりとチェックすると言う事です。
ここにはファクタリングサービスを利用する場合にどの様な条件となっているのか、さらにどうした義務や責任が発生するかと言う事が記されています。
今すぐにお金を用意しなければいけない、資金調達をしなければいけないと言って契約書をあまり確認しないままサインしてしまうと、実は償還請求権ありのファクタリングだったと言う事も有るからです。
もちろん、契約書の方には細かな内容が書かれており、もし売掛先が倒産してしまった場合は無関係と言う訳ではなく、資金の回収に協力する必要があると言った文言が書かれている場合も有るので、しっかりと契約書を読んでおく事をお勧めします。

また、そもそもファクタリングをしていると思ったら実は売掛金担保融資だったと言う事も有ります。
この場合は、売掛金を利用して現金を得ていると言う事になるので一見同じ様に見えるかもしれませんが、実はこの場合は返済の義務が生じており、さらにその期限が守られず返済できなければ、遅延損害金も発生してしまいます。
ファクタリングは日本語で言えば売掛債権譲渡であり、売掛金担保融資とは似て非なる物です。
ただ、利用する会社によっては実は融資だったと言う事も有るので、今すぐにお金を借りたいからと言って適当に契約書を読んでサインするのではなく、必ずしっかりと読み、チェックしてから契約を結びましょう。
そうすれば実際にファクタリングを利用した後にこんなはずでは無かったと思うこともかなり少なくなるはずです。

ファクタリング自体は早期現金化が出来ると言う事で経済産業省もその周知に一役買っている状態です。
しかし実際に行う場合はいくつか注意する点があり、その一つが償還請求権の有無に関してです。
これについてあまり調べずに契約してしまうと支払の義務が生じてしまうことも有るので、十分注意しましょう。

サイト内検索
ファクタリング会社ランキング!
リソースプロ
ビートレーディング
キュッパ
三共サービス
ライジング
記事一覧