ネットの口コミから厳選されたファクタリング会社を一挙紹介!

ファクタリングで動いたお金は消費税の課税対象外

ファクタリングというのは、売掛金を売却することで本来よりも早く現金を手にすることができる方法のことを言います。ファクタリングを行うには特定の仲介会社を利用する必要があり、手数料を支払って売掛金を買い取ってもらう形になります。

一般的には売掛金を現金化するまでに約1ヶ月から半年ほどかかるので、できるだけ早く現金化したい事情のある会社や売掛金を取り扱うことの多い業種では重宝されています。現在では現金で直接取引をするよりも掛け金によって取引する方法が主流となっており、取引規模が大きくなりがちな大企業ほどその傾向は強くなります。

ファクタリングを利用するうえで基本的なやり方は、二社間ファクタリングです。売掛金を売却する企業と買い取る企業の二社で取引を行い、できるだけ目立たないように行われるのが一般的です。売掛金の売却自体が法律違反というわけではありませんが、早期に現金化する必要があるということは資金繰りに困っているというイメージを持たれてしまうためです。

これによって別の取引先が融資や取引を控えてしまう可能性もあり、売却側の企業としてはあまり知られずに行いたいという意識が働くのです。

ファクタリングを行う場合、税金の扱いが特殊になるので注意が必要です。通常、商品などを売却したことで得た利益には消費税が課税されます。しかし金銭債権である売掛金を売却した場合、譲渡対価の5%は資産の譲渡に関わる対価として計算されることになります。ただし、資産の譲渡を実行した者が資産譲渡の対価として取得したものに対しては非課税とするというルールがあります。

ファクタリングを行った会社から債権者に対して支払われた金銭はこれに該当するため、消費税に関しては課税対象にはなりません。これは国税庁の見解でもあるので、安心して取引を行えます。これに付随するものとして、ファクタリング会社に対して支払う手数料も挙げられます。一般的には10%から30%程度の手数料を支払うことになるのですが、これに対しても消費税は対象外となるので安心です。

すぐに現金が手に入ることに加えて、本来支払うべきだった消費税を節約することができるというのは大きな魅力です。手数料を支払う必要はありますが、どちらがよりメリットが大きいかを慎重に検討してから決める必要があります。

実際にファクタリングを行う場合、数多くあるファクタリング会社の中から信頼を置ける会社を選ぶことが重要になります。この方法は比較的新しい手法であるため、実績のあまりない会社も数多く存在します。悪質な会社につかまってしまった場合、情報が外に漏れたり高額な手数料を請求される可能性もあり、企業としては非常にリスクが高いと言えます。

このため、確実に自分たちだけで取引を終えてくれるか、手数料は相場と比較して妥当かなどを慎重に判断し、信頼できる会社に依頼することが重要です。どんな企業でも、最初からファクタリングに精通しているところはありません。初めて利用する場合は特に慎重に検討を重ね、リスクについても注意深く確認しておくようにしましょう。

いざ現金化が必要になってから慌ててファクタリング会社を探すのでは慎重な調査が行えず、悪質な会社に引っかかってしまう可能性が高くなります。売掛金を取り扱うことが多い場合、急に現金化が必要になった場合に備え、前もってファクタリング会社を探しておくことも必要です。時間があれば調査も選別もじっくりと行えるため、より良い会社と取引を行える可能性が高くなります。

ファクタリングは取引相手の質が非常に重要となるので、確実に信頼できる相手とだけ行うようにしましょう。

サイト内検索
ファクタリング会社ランキング!
リソースプロ
ビートレーディング
キュッパ
三共サービス
ライジング
記事一覧