ネットの口コミから厳選されたファクタリング会社を一挙紹介!

債務超過・税金滞納がある場合のファクタリング

ファクタリングとは企業の売掛金を買い取り、回収業務を行う金融サービスです。企業が受ける融資の中では比較的審査が早く、無担保でも利用できることから中小零細企業にとっては非常にメリットの多い仕組みとなっています。また、売掛金が実際の売り上げに変わるよりも早く、資金を確保できる点も魅力です。

ファクタリングは売掛債権の譲渡及び譲り受けに該当しているため、税金はかかりません。金融サービスを利用するものでありながら、負債にならないということも特徴であり、バランスシートのスリム化を図ることができます。

非常に便利なファクタリングですが、債務超過がある場合はどうでしょうか。お金を借りすぎていることは様々な借り入れが行えなくなることに繋がるため、企業の存続に関わる一大事です。しかし、そんな状況であってもファクタリングは利用できます。何故ならファクタリングは融資として扱われていないからです。

企業がお金を借りられないのは信用性が銀行などに認められていないことによるものですが、ファクタリングでは既に確定した売掛金をやり取りするので信用性はあまり関係がありません。どんな赤字の企業であっても操業を行っている限り、売掛金が存在しないということは基本的にありません。そのため、企業にとっては大きな助けになります。

一般的に債務超過に陥っている企業には倒産のリスクがあります。企業が倒産してしまうと債務の返済が難しくなるので銀行や企業は融資を渋りがちです。しかし、売掛債権の場合はたとえ売った側の企業が倒産しても、買った側の企業が存続する限り回収することができます。そのためにファクタリングを行う企業の信用性に関わらず、利用できるのはこのためです。

売掛金先の企業が倒産した場合は売掛債権を回収することが困難になりますが、それでもファクタリングを利用した企業には返済義務が発生しません。つまり、ファクタリングは審査に通った時点で企業はメリットを享受でき、後々に不都合が起こることもありません。

税金を滞納している場合はどうでしょうか。税金を滞納していると企業の会計状態が不安定であると見なされるので一般的な融資が受けづらくなります。企業にお金が入っても税金を支払うことに使用すると想定され、返済が後回しになってしまうからです。返済が後回しになると分かっていながらお金を貸してくれる機関はそうそうありません。

しかし、ファクタリングに関してはそんなことはありません。税金を順調に払えていなくても売掛金が発生する限り利用することができます。売掛金自体を渡せば、税金を滞納していてもしていなくても基本的に関係はありません。税金を払うことができずに企業が倒産してしまっても、お金を貸す側の機関には特に影響がありません。他の資金調達手段が断たれてしまった状況では救いとなります。

非常に便利なファクタリングではありますが、注意点も存在します。1つ目は返済を分割できないことです。資金繰りに苦労している企業はこの点が大きなポイントとなります。苦し紛れの手段として用いた場合でも一括返済が前提になります。2つ目は手数料がやや高めであるということです。

ファクタリングは利用する側の企業に大きなメリットのある仕組みなので、その分手数料が高くなっています。もちろん、金融機関ごとに差があるので比較的手数料を抑えられるケースもあります。当然ながら売掛債権の範囲でなければ借りることができない点にも留意しておきましょう。

そもそも売掛金がまともに確保できないような運営状態であれば、やや厳しい資金調達手段と言えます。しかし、無担保かつ連帯保証人無しでお金を調達できる点は非常に大きいので、使い方を間違えなければ便利な手段です。

サイト内検索
ファクタリング会社ランキング!
リソースプロ
ビートレーディング
キュッパ
三共サービス
ライジング
記事一覧