ネットの口コミから厳選されたファクタリング会社を一挙紹介!

買掛金が払えないときは、ファクタリングを利用して切り抜ける

企業間などで、商品を取引する際に、行われる支払方法の一つが、掛取引です。掛取引では、商品が引き渡される時に、売買代金の支払いを行うのではなく、取引時に設定した期日をもって、購入代金を支払います。掛取引には、買掛金と呼ばれる、商品の購入によって、代金を支払う義務と、売掛金と呼ばれる、商品の売却によって、売却益を得られる権利の二つの勘定科目があります。

取引の手軽さや、商品受け取りの簡素化、スムーズな代金決済など、メリットの多い掛取引は、日本国内では、江戸時代から盛んに行われていました。江戸時代は、呉服屋などの、高額商品を取り扱うお店が中心となって、掛取引での取引を行っていましたが、一人の商人によって、現金での取引方法が発案され、現金取引が、掛取引と並んで、代表的な取引方法になりました。

掛取引においては、商品の引き渡しから、商品代金の決済までの期間があいてしまうこともあり、商品を購入した側が、決済日までに、経営難になり、資金繰りが難航するケースや、もともと、資金難であった企業が、自転車操業のような形で、掛取引を利用し、買掛金が払えないといった事態に陥るケースも多々あります。

買掛金の支払いが困難になった企業が、利用することの多い、資金調達の方法が、ファクタリングです。ファクタリングとは、ファクタリング契約を行う会社に、自身が持っている、売掛金債権を売却することによって、資金を調達する方法の事を言います。

ファクタリングでは、まず、売掛金が発生している、取引先に確認を行い、必要に応じて、取引先の企業と、ファクタリング企業との間で、承諾や契約を行います。次に、ファクタリングを取り扱っている会社に、売掛債権を売却し、売掛金の支払いを受けるという内容の契約をします。その後、取引先と、ファクタリングの依頼者の双方で、請求金額の確認をします。確認が終わったら、ファクタリング会社と依頼者の間で、請求金額の通達が行われます。請求金額の通達後は、取引先の企業と、ファクタリング会社間で、請求金額の最終確認をして、ファクタリングの依頼者にファクタリング会社から、売掛金が支払われます。

元々の掛取引の期日に変わりはないので、期日通りに、取引先の企業から、ファクタリング会社へと支払いが行われることで、全ての手続きが完了します。

依頼者が、ファクタリングを行うことによって、得られるメリットには、売掛金の早期回収や、資金の調達が、スピーディーに行える点などがあります。

ファクタリングには、手数料が掛かりますが、その金額は、売掛先の企業の経営状況や債権の金額、掛取引において、代金の締め日から、支払い日までの期間である支払いサイトによっても、異なります。

また、ファクタリングでは、売掛先の企業と依頼者の企業との3社間で行う取引と依頼者の企業のみの2社間で行う取引の2種類があり、2社間の取引では、売掛先の企業が支払能力を失うなどの危険性があるため、その手数料は、売掛金の金額の10パーセントから30パーセントとなっており、3社間の取引では、1パーセントから5パーセントの金額で設定されていることがほとんどです。

ノンバンクや銀行などが行っているサービスでは、償還請求権と呼ばれる、売掛先の企業の支払能力が不能になるなど、買取を行った売掛金が回収不可になった場合、買い取り企業が、依頼者の企業に、支払いを請求できる権利が、取引項目に付帯されることが一般的です。この取引では、依頼者の企業か売掛先の企業のどちらかから、支払われることが約束されているため、手数料が安めですが、償還請求権が設定されていない取引では、手数料が高額になりがちなので、注意しましょう。

サイト内検索
ファクタリング会社ランキング!
リソースプロ
ビートレーディング
キュッパ
三共サービス
ライジング
記事一覧